「いま」に感謝して「あした」を創る
ピースマネイジメント
社長ブログ

GoToキャンペーン問題を見て、冷静に分析してみた

トップ > 社長ブログ > GoToキャンペーン問題を見て、冷静に分析してみた

世間では新型コロナウィルス第2波が、、、

ということで、再び不安・混乱の状態に突入しようとしています。
(私からすると、自然科学や生態学は常に波形を描いて推移するので、こんなもの当たり前の動きだと思っていますが、、、)

さて、そんな状況ですが、
国内観光需要喚起を目的とした


「GoToキャンペーン」


が連日物議を醸しています。


普通に考えると


「こんなタイミングでやるなんて何を考えているのか!?」


となり、運用は見送るべきだろう!

という結論に至りますが、それだけでは芸がないので、

なぜこういうことが起こるのか?

もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

唐突のビール写真(;’∀’)

今回の問題のケースに近いこととして、

システム思考を理解する際に用いられる

「ビールゲーム」

というものが当てはまると感じました。
(参考wiki:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0


ビールゲームでは、急に需要が変化する中で、

ビール商社・小売店の発注量がどのように変化するかを

ゲームを通じて体験することができます。


ビールゲームでは、

①ビールを購入する消費者
②ビールを販売する小売店
③ビールを卸売りする商社
④ビールを製造するメーカー


という4つの観点から、需要と在庫の動きを見ることができます。

ストーリーとしては、普段それほど販売数量が多くないビールが、

ラジオ番組であるアーティストに取り上げられたことで、

一時的にブームになっていく、、、という話です。


内容は細かく書きませんが、どういうことが起こるかをまとめると、

・小売店は需要が来たと思い、どんどん発注する
・商社は小売店からの注文伝票増加とメーカーの生産量の限界に挟まれる
・商社は小売店への納品数量を制限する(配達が遅くなる)
・消費者は小売店に予約をどんどん入れる
・小売店は商品がまだ届かないにもかかわらず、どんどん発注をする
・ブームが終わる
・消費者は予約をキャンセルする
・小売店と商社は多くの在庫を抱える
・商流全体が大きな在庫を抱える(=全体的にマイナスの結果となる)

という流れになります。

文字で見ると当たり前に感じるかもしれません。

しかし、ここで重要なポイントとして、

何故、こういうことが起こるかというと、

「需要」に対して「生産・納品」にタイムラグがあるから、

ということが挙げられます。
(もちろんそれ以外にも様々な理由は挙げられますが、本質的な課題はこのリードタイムに収束すると私は見ています。)

さて、GoToキャンペーンを上図のような形に当てはめると、

次のような図になると見ています。

政府・予算の執行と民間感覚のズレは、


①政策形成・予算審議

②政策決定・予算交付



にかかる時間と、

現場で起こっている事態の変化

に対するタイムラグが原因の背景にあるのかな?なんて思います。

で、どうすれば上手くいくかな???

なんて、私なりに考えてみたのですが、


これほど環境が激変し、

地域ごとの対応が求められる、

予算執行についてもフレキシブルかつスピーディーな対応が求められる、


となってくると、


①各地域のリーダーである都道府県知事に予算執行権限を委譲する

②上記、緊急対策に関する予算は「都道府県ごとに基金化」する
(基金条例も柔軟にできると良いなぁ(;’∀’))


③予算使途は、GoToキャンペーンの趣旨から大きく外れない範囲で、地域の実情に応じて柔軟に執行できる。


と、できたら良いんじゃないかな?と思います。


とは言いつつ、なかなか難しいんでしょうね((+_+))

弊社にご関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。
林業・組織づくりコンサルティングに関すること、
その他のお問い合わせについてもお気軽にご相談下さい。

ピースマネジメントロゴ
Copyright © 2020 PsManagement Corporation. All rights reserved.